洗面台の歯ブラシ

仕事から帰ってきて、晩御飯も食べ終わって、一日の疲れを落とすためにゆっくりとお風呂につかる時間。最高ですよね。

お風呂に入りながら歯を磨くことが習慣になっている人も多いと思いますが、「お風呂で歯磨き」がいいことだらけということをご存知でしょうか。

リラックスした状態で歯を磨くことで、いつもよりきれいに磨けたり、口臭を防げたり、歯茎の血行を良くする効果も。

歯科医師がオススメするくらい、「お風呂で歯磨き」はメリットがたくさんあるのです。

お風呂で歯を磨く3つのメリット

お風呂で歯を磨くことのメリットをまとめると、以下の3点になります。

  1. リラックスした状態で丁寧に磨ける
  2. 唾液がたくさん出ることで口臭を防げる
  3. 歯茎の血行がよくなり汚れが落ちやすくなる

それぞれについてご説明していきます。

リラックスした状態で丁寧に磨ける

洗面台に立ったまま歯を磨いたり、テレビを見ながらソファに座って歯を磨いたり。

どこでどのように歯を磨くかは人それぞれですが、朝のバタバタで時間がなかったり、何か他のことに集中していると、歯磨きがおろそかになってしまうことってありませんか。

私も仕事に行く前はいつも時間がなくて、歯磨きもサササッと終わらせてしまうことがしばしば。

お風呂につかった状態だと、のんびりとリラックスした状態で歯磨きに集中できます。

虫歯や歯周病を防ぐためにも、1本1本丁寧に磨くことが大切です。

歯医者でキュイーン!!!と歯を削られるのは嫌ですよね。あの音を想像するだけで、私は寒気がしてきます…

一日の終りに、ゆっくりお風呂につかりながら、歯もきれいに磨きましょう。

パパパパ

歯医者にだけは行きたくない…歯医者にだけは行きたくない…


ママママ

だったらお風呂に入りながら、毎日ちゃんと丁寧に歯を磨きなさい。


パパパパ

シャカシャカッシャカシャカッシャカシャカッシャカ!!!

唾液がたくさん出ることで口臭を防げる

爽やかな表情の女性

のんびりとお風呂につかっているときは、「副交感神経」がはたらきます。

「副交感神経」についてご存知でない方は、以下の説明をご覧ください。

副交感神経は、活動によって疲れた体を回復させる神経。昼間の活動での疲労やダメージを受けた体を、夜の睡眠で休息させて、疲労やダメージを修復して元気な状態に戻す。

副交感神経とは?-自律神経失調症完璧ガイド

簡単に要約すると、「リラックスしているときに、体を回復させようとはたらく神経」ということですね。

そして、この副交感神経がはたらいているときは、口内でサラサラの唾液が出てきます。

口臭を防ぐ方法は、ガムをかんだり、ブレスケアを飲んだり、舌についたザラザラを歯ブラシでこすり落としたり、と色々ありますが、最も効果があるのが「唾液を出すこと」なのです。

唾液なら何でもいいわけではなく、「サラサラとした唾液」が口臭予防には大切。

お風呂につかりながら歯を磨くと、このサラサラとした唾液が出やすい状態になるため、いつもの歯磨きより口臭を防ぐことにもつながるのです。

日々口臭に悩んでいる人は、お風呂で歯磨きをぜひ試してみてください。

ママママ

パパの口臭がキツいからそろそろ離婚を考えようかしら…


娘

リコン!リコン!


パパパパ

シャカシャカッシャカシャカッシャカシャカッシャカ!!!

歯茎の血行がよくなり汚れが落ちやすくなる

のんびりとお風呂につかっていると、体内の血行がよくなります。

歯茎の血行が良くなると、歯茎がゆるんで汚れが落ちやすくなるのです。

さらに血行が良くなった状態の歯茎へ適度な刺激を与えることも、歯周病予防に効果的とされています。

歯周病も口臭の原因の一つです。

歯周病を防いで、健康的な歯茎を保つためにも、お風呂に入りながら歯を磨きましょう。

くれぐれも歯を磨くときは力を入れすぎないように。

歯ブラシで歯茎をやさしくマッサージするつもりで磨きましょう。

パパパパ

頑張って歯磨きしてたら、口の中が血まみれになってた…


ママママ

力を入れすぎよ。ほんとあなたは頭もゆるいわね。


娘

ユルイ!ユルイ!


パパパパ

ぐぬぬ…

「お風呂で歯磨き」はいいこと盛りだくさん

お風呂に入っている女性

1本1本丁寧に磨くことで虫歯を防ぐこともできますし、サラサラの唾液が出ることで口臭や歯周病予防も期待できるなんて、お風呂で歯を磨くことはいいことづくしですね。

ほかにも、リラックスした状態で口の中に刺激を与えることで、成長ホルモンが分泌されやすくなり、アンチエイジングにも効果があるといわれたりしています。

普段あまり丁寧に歯を磨けていない人ほど、お風呂でのんびりとリラックスしながら歯を磨くのがオススメです。

パパパパ

お風呂で歯を磨くと若返り効果があるんだってさ。


娘

ソウナノー?スゴーイ!


ママママ

シャカシャカッシャカシャカッシャカシャカッシャカ!!!

衛生面が気になる人にはつらいかも

いいことばかりのように思える「お風呂で歯磨き」ですが、衛生面が気になる人にとってはメリットばかりとはいえないかもしれません。

「デメリット」とまではいえませんが、たとえばお風呂につかりながら歯を磨いていると、少なからず浴槽に唾液が飛んでしまいます。

唾液の入ったお風呂になんて入りたくない!」という方には「お風呂で歯磨き」はオススメしづらいですね。

そもそもお風呂には体内の老廃物や、皮膚についた皮脂や汚れがたくさん混ざっていますし、「多少唾液が飛んだところで気にしない!」と考えてもいいのでは?と思いますが。

ママママ

パパの唾液が混じってるお風呂になんて絶対つかりたくないわ。


娘

バッチイ!バッチイ!


パパパパ

ぐぬぬ…

歯磨き粉のつけすぎには注意

指でバツ印をしている女性

それとお風呂で歯を磨くときは、歯磨き粉のつけすぎに注意です。

「歯磨き粉をつけずに磨くとよい」と書かれていることも多いのですが、私は歯磨き粉をつけないと口の中がスッキリしなくて嫌なのです。

ただ歯磨き粉をつけすぎて、口の中が泡まみれになってしまうのは、たしかによくないと感じます。

鏡を見ても歯につまった汚れが落ちているかわかりづらいですし、口の中に泡がたくさんあることで、歯を磨けたと勘違いしやすくなります。

丁寧に磨くためにも、泡が立ちにくい歯磨き粉を使うか、普段使っている歯磨き粉の半分くらいの量で磨くのがオススメです。

お風呂で歯を磨いて口の中も健康に

いかがでしたでしょうか。せっかくお風呂でのんびり過ごすなら、5〜10分ほど時間をかけて丁寧に歯を磨いてみてはいかがでしょうか。

お風呂に入って疲れが取れるだけではなく、口の中もスッキリ爽快になると、最高に気持ちいいですよ。

普段お風呂で歯を磨く習慣がない人は、ぜひ試してみてください。