考え中の女性

一年中カサカサに乾燥するわが子の肌、何とかしてあげたい!と悩むママは多いものです。

子どもは自分でボディケアできませんし、保湿ローションやクリームを塗ろうとしても暴れて嫌がってしまう…という経験を一度はしたことがありますよね。

子どもにストレスがかからない方法で、簡単に、そして確実なケアをしてあげたい。

そう思うなら、子どものカサカサ粉吹き乾燥肌に効果的なスキンケアの方法を学んでみましょう!

何をやっても改善しない子どもの乾燥肌

お風呂の入浴剤

市販の入浴剤や保湿クリームなどを一通り試してみたけど、一向に改善しない。

子どもの頑固な乾燥トラブルは自己流で対策しても結果が出にくく、皮膚科などに頼る方も非常に多いです。

皮膚科に通っているのになかなか状態がよくならない…と深刻な悩みを抱える親もいるほどです。

何をやっても改善しない背景には、子どもの肌に合ったケアをどう行えばいいのか、正しい方法が認識されていない現状があります。

大人の肌とは違う理由で乾燥してしまう子どもならではの肌について、理解することから始めましょう!

ママママ

パパはいつも脂ギッシュなのに、なんで娘ちゃんはカサカサなのかしら…


娘

パパ、アブラギッシュ!


パパパパ

風評被害…

子どもの肌が乾燥してしまう原因

タオルにくるまれている赤ちゃん

市販されている入浴剤や保湿クリームを使っても状態がよくならない理由は、大人と子どもの肌で乾燥する理由が異なるから。

どうして子どもの肌が乾燥してしまうのか、原因をチェックしていきましょう!

ビオチン不足が肌の乾燥に影響

「友達の子どもは肌が丈夫なのに、どうしてわが子はカサカサしているんだろう…」

これには、子どもの乾燥肌がビオチン不足であることが関係しているといわれています。

ビオチンとは元々人の肌に存在する物質で、トラブルから肌を守ってくれるビタミンの一種です。

肌を丈夫に保ち刺激から守るバリア機能をサポートする成分であり、健康な肌を目指すなら欠かせない成分のひとつ。

人の肌に存在するものの個人差があり、ビオチン不足な体質は肌の乾燥を伴います。

バリア機能が正常に働かず、かゆみ・赤み・乾燥などを引き起こしてしまうことが多いのです。

ダメージを受けやすい肌になっている

ビオチン不足により肌のバリア機能が低下すると、水分量が減少し抵抗力が弱まってしまいます。

肌の水分をキープする力そのものが弱まっているため、入浴剤やクリームなどで保湿しても塗った瞬間しか潤いを感じることができません。

保湿した直後はしっとりしているのに、時間の経過とともにカサついてしまうのはこのためです。

バリア機能が低下した肌は水分量が減少するだけでなく、刺激・ダメージを受けやすい肌になっています。

バリア機能が正常に働いているときには気にならない摩擦・紫外線などに反応し、さまざまなトラブルを起こすのが子どもの乾燥肌によく見られる特徴です。

ママママ

もしかしたら娘ちゃんもビオチン不足なのかもしれないわね。


娘

ビオチン!ビオチン!

子どもの乾燥肌に効果的な対策法

シャワーをくわえる赤ちゃん

ビオチン不足によりバリア機能が低下した子どもの肌は、状態に合ったケアをしてこそ保湿効果を実感できます。

刺激に弱い子どもの乾燥肌にも安心して使えるものが知りたい!という方のために、2つのスキンケアアイテムを紹介していきましょう。

カミツレエキスの入浴剤

きちんと毎日保湿しているのに、気が付いたらひっかき傷ができている…

そんなかゆみを伴う乾燥を抱える子どもには、カミツレエキス配合の入浴剤がオススメです。

『華密恋』は、古くからヨーロッパで肌ケアに使われている、カモミールのエキスを配合した入浴剤です。

赤み・かゆみを抱える肌を沈静させる効果があるといわれているカミツレエキスは、保湿・消炎・抗アレルギー作用が期待できます。

一般的な入浴剤に含まれる香料・とろみ剤・乳化剤などの添加物を含まないため、バリア機能が弱まった子どもの肌でもヒリヒリしないのが特徴。

子どもの肌ケアとして使えるのはもちろん、一緒に入るママにもうれしい入浴剤です。

しみずの無添加ボディソープ

つらい乾燥肌を何とかしたい、そう考えてボディソープをあれこれ試した方でも「これは違う!」と感じる製品がこちら。

『しみずの無添加ボディソープ』は汚れを落とすだけでなく、肌を守るビオチンを配合した画期的なボディソープです。

汚れを落としつつ肌にビオチンを補給することで、弱ったバリア機能をサポートして乾燥を防ぎます。

「このボディソープで洗うと、子どもが就寝中にかゆみを訴えることが少なくなった」という口コミも多数寄せられている、実力派のボディソープです。

ビオチンだけでなく、保湿成分としてセラミドも配合。

乾燥肌に必要な成分を効率的に補給しながら汚れを落としたいなら、『しみずの無添加ボディソープ』を試してみてください!

しみずの無添加ボディソープ

しみずの無添加ボディソープ

オススメ度4.5
販売価格4,480円
95%以上の方が効果を実感!モンドセレクション受賞で、60日間の全額返金保障も安心。

入浴後はたっぷり保湿

子どもの乾燥肌は入浴を工夫することでも対策できますが、お風呂上りの保湿も忘れてはいけません。

入浴剤やボディソープで弱った肌のバリア機能をサポートし、その後保湿することでさらに効果を実感できるためです。

乾燥した子どもの肌は少しの刺激にも反応しやすいため、低刺激性のローション・クリームなどを使うようにしましょう。

ここで注意したいのが「肌によさそう」というイメージで保湿剤を選ばないこと。

赤み・ヒリヒリが起きやすい肌なら、なるべくシンプルなクリームなどを使ってください。

気をつけておきたいのが「植物エキス」「オーガニック」「無添加」と表示された化粧品です。

無添加などと書かれていると、肌によさそうなイメージがありますが、必ずしもマイルドであるとは限りません。

合成・天然由来で判断するのではなく、「アレルギーテスト済み」「スティンギングテスト済み」「敏感肌でのパッチテスト済み」などと表記されている保湿剤がオススメです。

パパパパ

オーガニックって書かれてたら、なんとなく肌に優しいイメージがあるよね。


ママママ

今度からきちんと中身を見てから買わないとダメね。

ママのカサカサお肌もしっかり保湿

入浴中の女性

子どもの乾燥肌に悩むママは多いですが、ママの肌も子どもに負けないくらい乾燥しがち。

子どもの乾燥肌対策に用いる入浴剤・ボディソープを一緒に使ったら、ママもしっかり保湿しておきましょう。

お風呂上りに脱衣所でゆっくり保湿できない子育て中は、さっと済ませられるケア方法がオススメです。

忙しくても保湿ケアをしたい女性が増えている今、「インバスケア」が広まっています。

浴室でもできるケアとして、ボディオイルやボディコンディショナーがあるのをご存知ですか?

お風呂に上がる前に濡れた肌にオイルなどを塗りこみ、必要に応じて洗い流した後タオルふで拭き取るだけという手間がかからないケアアイテムです。

肌になじむのが早く、ローションやクリームを塗るよりもスピーディーに保湿できるのが魅力。

これなら子どもがいても自分の保湿ケアを習慣にできますよ!

子どものプリプリお肌を取り戻そう

子どもと遊ぶ母親

入浴剤やクリームをあれこれ試したのに、子どもの乾燥肌が一向によくならない…

もしかするとそれは肌に合わないケアをしているからかもしれません。

子どもはビオチンという物質が不足してバリア機能が弱っているため、ただ保湿するだけでは一時的な対策にしかならない可能性があります。

体を掻きむしる子どもの姿をこれ以上見たくない!と思ったら、肌に合わせた入浴剤・ボディソープを選んでケアしてあげましょう。

バリア機能をサポートするお風呂グッズを活用すれば、肌の乾燥をやわらげて健康的なプリプリ肌へ導けます。

市販品より少し値段は張っても、口コミでも評判の入浴剤・ボディソープを使えば、ママのお肌もしっとりスベスベになっていきますよ。

子どもと一緒にお風呂でボディケアを楽しんで、親子でプリプリ肌を取り戻しましょう!