高級感あるお風呂

お風呂に入っているとき、鏡が曇ってしまって困ったことはありませんか。

ヒゲをそりたいのに、曇ってしまってよく見えない…

メイクが落ちているかちゃんと確認できない…

カミソリを使っているときなどは特に、鏡が曇ってしまうと危険を伴いますよね。

今回はお風呂の鏡を曇りづらくする便利グッズをご紹介します。

浴室ミラー用塗りやすいくもり止めリキッド

お風呂の鏡の曇りどめに最適

今回ご紹介するのはレックの「塗りやすい くもり止めリキッド」という商品。

Amazonや楽天といったネット通販、東急ハンズなどの大きめの雑貨店などで販売されています。

ドラッグストアでも販売しているところがあるかもしれませんが、私の近所では発見できませんでした。

このくもり止めリキッド、手軽に使えてしっかり効果を発揮してくれる、なかなか優秀なヤツなのです。

パパパパ

最近筋トレを頑張ってるから、お風呂の鏡で腹筋の割れ具合を確認しないと。


ママママ

対して変わってないから鏡を見ても仕方ないわよ。


娘

パパノオナカ、プヨプヨー!


パパパパ

ぐぬぬ…

まず鏡をお風呂用洗剤でよく洗う

お風呂の鏡の曇りどめに最適

くもり止めリキッドを使うためには、まずお風呂の鏡をしっかり洗うことから始めます。

一般的なお風呂用洗剤で構いませんので、スポンジやブラシでゴシゴシとしっかり洗いましょう。

シャワーで洗剤を洗い流した後は、しっかり乾燥させることが大切。

鏡が濡れた状態で、焦ってくもり止めリキッドを塗ってはいけません。

鏡が乾いたらリキッドをまんべんなく塗る

お風呂の鏡の曇りどめに最適

鏡が完全に乾いたら、くもり止めリキッドを塗っていきましょう。

このとき、すきまができないように、まんべんなく塗りましょう。

うまく濡れていないと、そこだけばっちり曇ってしまいますよ。

塗りやすいようにリキッドのヘッドが曲がっているのが便利です。

そしてリキッドを塗り終わったら、またしっかりと乾燥させる必要があります。

我が家では夜、お風呂を出たときに鏡を洗っておいて、朝起きたときにリキッドを塗っておきました。

朝にリキッドを塗っておけば、夕方や夜にお風呂に入るときにはしっかり乾いているので安心です。

お風呂に入ったらシャワーで鏡を濡らしておく

リキッドがしっかり乾いていることを確認したら、お風呂に入ったときにシャワーで鏡を濡らしましょう。

するとどうでしょう、見違えるように鏡が曇らなくなります。

パパパパ

ぐぬぬ…リキッドを濡れていないところがあったみたい…


ママママ

ほんとにあなたは仕事が雑ね、明日の朝もう一度リキッドを塗っておいてちょうだい。


娘

パパ、モウイッカイ!


パパパパ

かしこまりました…

効果が持つのは2週間〜1ヶ月ほど

くもり止めリキッドの効果が持つのは2週間から1ヶ月ほどといったところです。

お風呂に入る頻度や、鏡にシャワーがかかる程度によって効き目は変わってきますので、あくまで目安として考えてください。

ちょっと鏡が曇るようになってきたな…と思ったら、また鏡を洗って、リキッドを塗るの繰り返しです。

使ってみないことにはなかなかわかりづらいですが、一度このリキッドを使うと、もう手放せなくなります。

パパパパ

今度こそ完璧にリキッドを濡れた!パパの腹筋をきれいにチェックできるぞ!


ママママ

プヨプヨですけど?


娘

プヨプヨー


パパパパ

思っていた以上にプヨプヨでした…

お風呂の鏡の曇りが気になったときにオススメ

ご紹介したくもり止めリキッドはAmazonだと660円(記事更新時の価格)で購入可能です。

1本買えば、数カ月は余裕で使えますので、1ヶ月あたりの負担額は100〜200円程度。

数百円の負担で、この快適さを味わえるのはなかなかお得感がありますよ。

お風呂の鏡なんて見たくない!

という方は買わないほうがいいですが、鏡の曇りが気になる方にはオススメです。