お風呂に入る赤ん坊

お風呂に入るのは気持ちいいですよね。特に冬の寒い日に入るお風呂は格別。じわじわと熱いお湯へ足を入れていく瞬間がたまりません。

お風呂へ入ることは、単純に「気持ちいい」だけではなく、医学的にも健康効果があると言われています。

当たり前のように知っていることも含めて、改めて「お風呂に入ることの健康効果」についておさらいしておきましょう。

お風呂に入ると健康になれる?!

お風呂に入ることで得られる健康効果はたくさんありますが、大きくは以下3点にまとめられます。

  • 疲れが取れる
  • リラックスできる
  • 清潔を保てる

それぞれについて簡単にご説明していきます。

お風呂に入ると疲れが取れる

目覚めの良い女性

お風呂に入ると体が温まりますよね。体が温まるということは、当然のことながら体内の血液も温まっていきます。

温まったことで血管も広がり、お風呂の水圧を受けることで血流もスムーズになります。

そして温まった血液が全身に流れていくと、「交感神経」というものがはたらき、新陳代謝が活発になるのです。

新陳代謝が活発になると、汗腺が刺激を受け、身体にたまった疲労物質や老廃物が排泄されやすくなります。わかりやすい例が汗ですね。

ちなみに「新陳代謝」という言葉、よく耳にしますが、その意味をご存知でしょうか。ウィキペディアの記載の一部抜粋します。

新陳代謝(しんちんたいしゃ)とは、古いものが新しいものに次々と入れ替わることを言う。これは生化学における代謝の意味ではなく、細胞自体の入れ替わりを意味する表現である。 そして、新陳代謝は生命維持に不可欠なものである。

新陳代謝 – Wikipedia

つまりは「体内の古い細胞が、新しい細胞へ生まれ変わるための生理現象」ということです。

老廃物が排泄され披露が回復しやすくなる

疲れて起きられない男性

そして体内の疲労物質や老廃物が排泄されていくと、首や肩のコっていた部分もほぐれやすくなり、疲労も回復していきます。

体を温めることは内臓のはたらきを助けることにもつながります。心臓のはたらきも活発になりますし、ほかにも腎臓のはたらきが良くなって利尿作用を促すことも。

疲れたときこそ、温かいお風呂に入ることが大切なのです。

パパパパ

最近は全然運動をしてないし、熱いお風呂に入ってたっぷり汗をかけると気持ちいいなぁ。


ママママ

パパが入ったあとのお風呂はクサいから嫌い。


娘

パパクサイ!


パパパパ

ごめんなさい…

お風呂に入るとリラックスできる

お風呂につかると体が軽く感じますよね。プールに入ったときや、海水浴にいったときと同じく、「浮力」がはたらいているのです。

これは「アルキメデスの原理」と呼ばれています。

「流体中の物体は、その物体が押しのけている流体の重さ(重量)と同じ大きさで上向きの浮力を受ける」

アルキメデスの原理 – Wikipedia

…なんだか難しい言葉が並んでいますが、「お風呂につかっているとき、体重は約9分の1程度になる。」ということを知っていただければ、アルキメデスの原理を理解する必要はありません。

そして体が軽くなるということは、筋肉や関節への負担も小さくなり、心だけではなく体もリラックスできるのです。

ケガで腰やヒザを痛めている人も、お風呂に入っているときは痛みを感じにくくなったりしますね。

普段の何気ない生活の中でも、私達の体にはいろんな負荷がかかっています。お風呂に入ることで、筋肉や関節をリラックスさせてあげられるのですね。

娘

パパ、アルキメデスッテナニ?


パパパパ

えっと…大昔の学者さんの名前かな…?


ママママ

今から2,000年以上昔、古代ギリシャで活躍した科学者よ。「古典古代における第一級の科学者」ともいわれるスゴイ人なのよ。


娘

ママスゴイ!


パパパパ

ぐぬぬ…

お風呂に入ると清潔が保てる

爽やかな男性

日本へ旅行にきている外国人観光客の中には、体臭がキツイ人もいたりしますよね。

海外の人の体臭の強さは、お風呂につかる習慣がないことが原因ともいわれています。

お風呂につからないから、老廃物が体に中にたまったままなのです。海外には香水をつける人が多いのも、体臭をごまかすためといわれたりもしています。

※もちろんファッションとして香水を楽しまれている人も多いと思います

体温と同じくらいの温度、もしくはちょっと熱いくらいのお湯につかることで、毛穴が開いて、皮膚についた老廃物も排泄されていきます。

せっけんで体をゴシゴシと洗わなくとも、お風呂につかるだけで体の汚れは落ちていくのです。

ママママ

毎晩お風呂に入っているくせに、パパの体臭がくさいのはナゼなのかしら。


娘

パパクサイ!


パパパパ

ぐぬぬ…

お風呂に入るといいことがたくさん

いかがでしたでしょうか。お風呂に入ることで得られる健康効果はたくさんあります

仕事が忙しいときや、育児につかれたときなど、お風呂に入ることが面倒に感じる日もあると思います。

「今日はシャワーだけですませちゃおうかな…」と思っているときこそ、実は温かいお風呂にゆっくりつかるべきなのです。

疲れたときこそ、お風呂でのんびりリラックスしましょう。