古めかしい風呂桶

日本人の風呂好きは世界的にも有名ですが、この「お湯に浸かる」という文化はいつから始まったことなのかご存知でしょうか。

毎日当たりまえのように入っているお風呂なのに、そのルーツや歴史について詳しく知らないという人は多いですよね。

このページでは、意外と知らないお風呂の歴史について詳しくご説明します。

中国から仏教と共にお風呂が伝わる

お風呂は6世紀の安土桃山時代、仏教と共に中国から伝えわってきたとされています。(諸説あり)

仏教でお風呂に入ることは「七病を除き、七福が得られる」と説かれていたことから、お風呂に入ることは健康に良いと理解されていました。

体を洗い清めるために、寺院に浴堂が備えられるようになり、浴堂のない庶民にも入浴を施したことから、お風呂に入るという習慣が始まったとされています。

ママママ

仏教と一緒に伝わってきただなんて、なんだかすごい。


パパパパ

そうだぞ、お風呂の歴史はこんなにも古いんだ。


ママママ

あなたが自慢することじゃないけどね。


パパパパ

ぐぬぬ…

「湯」と「風呂」は別だった

今はお湯に浸かることを「お風呂」と呼ぶことが一般的ですが、昔は「湯」という言葉がそれを表す言葉でした。

一方「風呂」という言葉は、今で言うと「サウナ」や「蒸し風呂」のようなものだったそうです。

元々日本には温泉がたくさん出ていますから、温泉の出ている洞窟や岩屋などを利用した「蒸気浴」のようなものだったと言われています。

蒸気を浴びながら垢をこすりおとし、掛け湯をするというものだったそうです。

浴槽に浸かるようになったのは江戸時代?

入浴中の女性

現代のように浴槽にお湯を張り、そこに浸かるというスタイルがいつ頃生まれたのかは明確にわかっていないそうです。

一説によると、江戸時代に入ってから「浴槽に浸かる」という文化が生まれたと言われています。

戸棚風呂と呼ばれる下半身のみを浴槽に浸からせる風呂が登場し、慶長年間の終わり頃に、すえ風呂、または水(すい)風呂と呼ばれる全身を浴槽に浸からせる風呂が登場したんだとか。

パパパパ

やっぱりお風呂といえばお湯につからないとね。


娘

ワタシモオフロ!ダイスキ!

昔はお風呂が贅沢だった

昔はお風呂というものは贅沢なものだったようで、今のように毎日入るものではありませんでした。一種の娯楽のようなものだったそうです。

今で言うところの「スーパー銭湯」に行くような感覚だったのかもしれませんね。

では普段は体を洗っていなかったのかというと、一般庶民は水で体を洗っていたそうです。「行水」という言葉を耳にされたことがある方も多いと思います。

今のようにガスも電気もない時代です。お湯を沸かすのも大変でしたでしょうから、お風呂が贅沢なものだったということも納得ですね。

変化していくお風呂のスタイル

シャワーを浴びる子ども

長い歴史を経て今のお風呂があるわけですが、今もまた時代に合わせて入浴のスタイルは日々変化していってます。

半身浴が流行ったり、スーパー銭湯に行けば岩盤浴があったり。観光地に行けば砂風呂を楽しめる場所もあります。

家庭用のお風呂でもジャグジーやミストサウナがあったりと、現代はお風呂好きにとって最高の時代と言えますね。

パパパパ

我が家のお風呂にもミストサウナがあればなぁ…


ママママ

もっと働いて、もっとお金稼ぎなさい。


娘

ミストサウナ、ハイリタイ!


パパパパ

ぐぬぬ…