疲れている主婦

40代頃から男性に発生しやすい加齢臭は、世の中の多くの女性を悩ませています。

どんなに優しい夫でも、加齢臭がひどいと魅力が半減してしまう…というのが正直なところ。

加齢臭を気にせず過ごせる毎日がやってきたらいいのに!と考える奥様のために、簡単に実践できる対策方法やオススメのグッズをご紹介します。

男性はどうして加齢臭問題に鈍感なのか、夫の気持ちも理解してあげればもっと気持ちが楽になりますよ!

男性は自分のニオイに気づきにくい

目頭を抑えている男性

電車で中年男性と隣り合わせたとき、「どうしてこんなに臭うのに、本人は気づかないんだろう…」と驚いた経験は誰だってありますよね。

強烈な加齢臭を放っているのにも関わらず、男性本人が気づかないのには理由があります。

男女の間で加齢臭に関する認識・意識の差が出てしまうのはどうしてなのか、解説していきましょう。

男性と女性の間には嗅覚の差がある

加齢臭を放っている本人は、「気づいてない」のではなく、「気づけない」ケースが多々あります。

男性は女性よりも加齢臭の原因物質を感じ取る能力がやや低く、気づくこと自体困難であることが多いのです。

女性は男性よりも加齢臭の原因物質を嗅覚で感じ取りやすく、これが夫婦の溝を生んでしまうひとつの原因とも言えます。

「妻に加齢臭を指摘されたけど、自分では全くわからない…」と悩む男性は意外と多いのです。

中には家族に指摘されて気づける男性もいますが、一般的に女性よりも加齢臭の原因物質を嗅覚で感じ取る能力が低いと理解してあげてください。

ママママ

パパが自分のニオイに無自覚なのは、これが原因だったのね。


パパパパ

そんなにクサいかな…


娘

パパ、クサイ!


パパパパ

ぐぬぬ…

体臭予防を何もしない男性も多い

男性は女性よりも加齢臭を感じにくく、デオドラントケアへの意識も高まりにくいものです。

周囲が気を遣って加齢臭を指摘しないままでいると、体臭予防ケアに取り組むきっかけをつかむこともできません。

女性は当たり前のように行っている体臭ケアですが、男性は加齢臭自体に気づくことができないため自主的に予防しようと思わないことが多いのです。

加齢臭や口臭をケアしないことで周囲に不快感を与える「スメハラ」という言葉が広まりつつある今、意識し始める男性が増えてはいるもののまだ少数派。

スメルハラスメントとは、臭いを原因として、周囲に不快な思いをさせる行為を指す。

「ハラスメント」の一種ではあるものの、意図的な場合だけでなく、当人が気づかぬまま意図せず周囲に迷惑をかけている場合も多い。

職場を退職する理由としてスメルハラスメントが挙がるようになるなど、日本においても社会問題となりつつある。

スメルハラスメントとは – Wikipedia

夫の加齢臭を何とかしたい、と考えるなら女性がサポートしてあげるやさしい気持ちと行動が必要なのです。

ママママ

職場の人達にパパの体臭で迷惑をかけていないか心配だわ。


パパパパ

毎朝デオドラントスプレーを使ってるから大丈夫なはず…


娘

パパ、クサい!


パパパパ

なぜだ…

正しい加齢臭ケア!女性はどう協力すべきか

キレイな固形石鹸

夫の体臭対策を始めたいけど、どうやってきっかけを作ればいいのか悩む女性は多いことでしょう。

どうすればお互いが快適に加齢臭ケアに参加できるのか、オススメの方法を解説していきます。

正直に言い過ぎるのはNG

加齢臭ケアは、ニオイを放つ本人が周囲に気を遣って行うもの。

これは正しいのですが「加齢臭ひどいんだから、自分でケア始めてよ」という正直すぎる言葉で指摘するのはやめておきましょう。

加齢臭を指摘されるのはとても傷つくことです。

夫に「何だか最近髪の毛ぱさぱさじゃない?」と指摘されて、女性が憤慨してしまうのと同じ。

「私だって一応気を遣っていのに!」と思ってしまうように、夫もこっそりと自分なりに対策をしているかもしれません。

加齢臭ケアに意識を持っていくなら、オブラートに包んで伝えてあげましょう。

パパパパ

うちの家族はなんでもかんでも直接言いすぎな件。


ママママ

よそはよそ、うちはうちよ。


娘

パパ、ヤッパリクサイ!


パパパパ

おのれ…

遠まわしに意識させる作戦

直接加齢臭を指摘するのは男性のプライドを大きく傷つけてしまうため、遠まわしに気づかせてあげることが有効です。

「そういえば、久しぶりに友達の旦那に会ったんだよね。そしたら加齢臭がひどくてびっくりしたの!さすがに口には出さなかったけど…」

と普段の会話に加齢臭の話を出してみましょう。

ここでポイントなのは、夫が話をきちんと聞く姿勢になっているタイミングを狙うこと。

新聞を読んでいる、テレビを見ているときに話題にしても「うん、そう」としか返事をしてもらえません。

会話のキャッチボールが上手くいっているな、と感じるタイミングで「あ、そういえば…」と急に思い出したように話題の提供をしてみてください。

デオドラント系のアイテムを置いておく

周りから固めていく手法を取るなら、自宅にデオドラント系のアイテムを増やすのも一つの手です。

お部屋用の消臭剤、デオドラントケアできる洗濯洗剤に切り替える、夫の寝室に消臭剤を置いておく…など対策をしてみてください。

夫の寝具を洗う頻度を高めるのも有効な対策方法です。

「どうしてそんなにシーツ頻繁に洗うの?」と夫が口を挟んできたら、「年も年だし、お互い清潔に気を遣わなくちゃね」と言葉をかけてあげてみてください。

夫の体臭を一方的に対策する姿勢を取るのではなく、「夫婦一緒に」という気持ちが大切。

「妻が気を遣っているなら、自分も何かした方がいいのかな…」と思わせれば、作戦成功です!

パパパパ

デオドラントスプレーはいつも自分で買ってるなぁ。


ママママ

あなたの問題だもの、自分のお小遣いでまかなってね。


パパパパ

はい…

男性の体臭予防に効果的なお風呂グッズ

高級感あるヒノキのお風呂

加齢臭は年齢を重ねるほど増していくケースも多いです。

「加齢臭、最近ひどくなったよ」なんて、面と向かっていいづらいですよね。

本人の気分を害さずに体臭ケアを考えるなら、お風呂で使うボディソープを柿渋成分配合の石鹸に変えることをオススメします。

石鹸なら毎日気軽に使えますし、「ボディソープ新しくしておいたから、使ってね」と声をかけてあげるだけでOKです!

柿渋は男性向けの体臭予防によく用いられる成分ですが、どうしてニオイ対策に良いのかご存知ですか?

これには柿渋に含まれる「カキタンニン」という成分に秘密があります。

若い人の汗や皮脂自体にニオイはほぼありませんが、タンパク質が菌によって分解されるときに体臭・加齢臭が発生します。

カキタンニンはこの分解作用を防ぐ効果があり、汗・皮脂が分泌されても加齢臭に変えない効果が期待できるのです。

パパパパ

口臭対策の歯磨き粉にも柿渋の成分はよく使われてるよね。


ママママ

あなたは全身を柿渋でケアするといいわ。


娘

カキシブ!カキシブ!


パパパパ

ぐぬぬ…

薬用柿渋石鹸

柿渋が含まれる石鹸は数多く販売されていますが、特にオススメなのが薬用柿渋石鹸。

夫の体臭だけでなく、運動をして汗をかいたお子様にも好評だという口コミが多数寄せられています。

さらに購入から30日以内であれば、たとえ開封後でも全額返金してくれるシステムがあるため、気軽に試せるのもうれしいポイントです。

ユーカリエキスにも注目

柿渋成分がたっぷり含まれている薬用柿渋石鹸には、デオドラント効果をサポートするユーカリエキスも配合されています。

ユーカリにも柿渋同様タンニンが含まれており、体臭の原因にアプローチして加齢臭をストップ。

肌を清潔に保ちつつ、すっきりとしたユーカリの香りが体臭をリセットしてくれます。

奥様の体臭予防にも効果アリ

加齢臭は男性だけの問題ではなく、女性も抱えるものです。

男性よりニオイレベルは低いものの、「何だか最近、お母さんの体臭が気になる…」と家族から思われているかもしれません。

薬用柿渋石鹸は汗・皮脂が菌によって分解されることを防いでくれるため、女性の体臭予防にも効果が期待できます。

ただ汚れを落としてニオイを予防するだけでなく、ヒアルロン酸やオリーブ油などを始めとした保湿成分が肌をモチモチにしてくれますよ。

薬用柿渋石鹸

薬用柿渋石鹸

オススメ度5.0
販売価格初回943円
人気の柿渋石鹸が医薬部外品にパワーアップ!いつものお風呂でオヤジ臭を簡単ケア。

男のたしなみ 柿渋石鹸

柿渋配合の石鹸なら、株式会社みつばちロードが手がける男のたしなみ柿渋石鹸もオススメです。

加齢臭に効果的な柿渋成分をはじめ、みつばちロード自慢のローヤルゼリー、茶カテキン、ムクロジなど、肌に優しい植物由来の成分をギッシリ配合。

楽天市場のボディケアランキングで1位に輝いたこともある、実績豊富な石鹸です。

キメの細かいモコモコとした生クリームのような泡で優しく洗えるので、使い心地も抜群ですよ。

ローヤルゼリーで肌がうるおう

蜂蜜などの蜂産品を手がける会社だからこそ、高品質なローヤルゼリーをたっぷりと配合しています。

ローヤルゼリーには肌に潤いを与えて、みずみずしいハリを保つためのアミノ酸が豊富に含まれています。

お肌にハリと潤いを与えるコラーゲンを生成するためにも、アミノ酸は欠かすことができません。

夫の加齢臭ケアに限らず、奥様の肌もしっとりとうるおしてくれるのはうれしいですね。

きっかけは社長の体臭の悩み

養蜂を手がける会社がなぜ柿渋石鹸を作っているの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

きっかけは、はちみつロードの社長が40歳を超えた頃、奥様からクサいといわれたことだそうです。

色々と試してみてもなかなか思うような効果を得られず、自分で作ってしまおう!と思い立ったのが、現在の柿渋石鹸へとつながっています。

加齢臭に悩んだ社長自身が試行錯誤を繰り返しながら作り出した自信作、ぜひ試してみてください。

柿のさちシリーズ

最後のご紹介するのは、薬用柿渋石鹸「柿のさち」という商品。

柿渋エキスをはじめ、ニオイを防ぐ7つもの成分を配合しているのが特徴。

石鹸をはじめ、柿渋成分を配合したシャンプーやコンディショナー、歯磨き粉なども手がけています。

消臭率は驚きの約97%

薬用柿渋石鹸「柿のさち」は消臭率を公開しており、結果は驚きの約97%。

イヤなニオイを生み出す原因とされるノネナールを96.9%除去することが科学的に実証されました。

体臭や加齢臭をはじめ、汗の臭いや足の臭いにも効果が確認されています。

加齢臭の主な原因は、皮脂汚れや細菌、そしてノネナールの3つをいわれています。

男性は特に40歳を過ぎた頃から皮脂の酸化への抵抗力が弱まっていくため、ノネナールを発生しやすい状態になっています。

薬用柿渋石鹸「柿のさち」はノネナールを除去する成分がたっぷり含まれているため、加齢臭に悩む男性にも効果的なのです。

特許を取得した泡立ち

薬用柿渋石鹸「柿のさち」は、特許製法で泡立ちが従来品より大幅にアップしています。

モコモコでしっとりとした泡が毛穴の奥まで入り込むため、落ちにくい皮脂や汚れもやさしく洗い上げます。

年齢を重ねるほど乾燥も気になってきますから、肌をいたわりながら、加齢臭も予防できるのは一石二鳥ですね。

体臭を克服!あの頃のときめきをもう一度

お茶を飲んでいる主婦

「出会ったころはあんなに爽やかな青年だったのに、今は加齢臭を漂わせるオヤジになってしまった……」

と悩む毎日を解消したいと思う奥様は大勢います。

男性が加齢臭・体臭に気付かないのは、男女間で嗅覚に差があるためです。

キツい言葉で指摘するのではなく、本人が気分を害さずにできる体臭ケアを家族がサポートすることが何よりも大切。

お風呂で毎日簡単にケアできる石鹸を取り入れる、寝具や衣類の洗濯を工夫してみる、傷つかない方法で加齢臭に意識を向けさせる…など、奥様ができる対策方法は数多くあります。

せっかく夫婦で時を過ごすなら、加齢臭を気にせず快適に生活したいと思いませんか?

女性が積極的に夫の気持ちを理解してあげて、簡単に実践できる体臭ケアをサポートしてあげましょう!