清潔感にあふれるお風呂

ゆっくりお風呂タイムを楽しみたいけど、浴槽でただじっとしているだけでは面白くない!

そう思ったらチャレンジしてみたいのがお風呂読書です。

体を温めながら読書をするのは時間を忘れてリラックスできる最高の娯楽。

しかし、お風呂に書籍を持ち込むのに抵抗を感じる方は多いはず。

浴室で書籍をどう扱えばいいのか、お風呂読書が快適になるグッズについても詳しく解説します!

お風呂で本を読む楽しさやメリット

お風呂につかる男性

半身浴の流行などもあり、お風呂読書は一般的なものになりました。

お風呂で本を読むとどのようなメリットがあるのか、魅力をチェックしていきましょう。

集中力が高まる

浴室はリビングやベッドルームなどと違って、シンプル&狭い構造をしています。

テレビやスマホなどが無いため集中でき、自然と読書がはかどるのです。

普段、手元にスマホを置いておかないと落ち着かない、という方ほどお風呂での読書は効果的。

あえてお風呂にスマホを持ち込まず、本だけに向き合うとサクサク読書が進みます。

リラックスできる

お風呂で体を温めると緊張していた神経がほぐれ、リラックスできるのも特徴のひとつです。

イライラなどを解消しながら好きな本・雑誌を読むことで、リラックスすることができます。

お気に入りの香りの入浴剤などを使えば、さらにリラックス効果はアップ!

ロマンチックな恋愛小説をローズの香りに包まれながらお風呂読書で楽しむ…ということもできます。

ママママ

たまにはお風呂でのんびり読書する時間がほしいわ…


娘

ママ!リラックス!


パパパパ

パパもリラックスしたい…

半身浴が充実する

美容のために半身浴をしているけど、時間が経つのが遅い…と感じませんか?

せっかく美容と健康のために半身浴をしているのに、ストレスを感じてしまうと台無しになってしまいます。

そんなモヤモヤを抱えているなら、グッズをそろえてお風呂読書にチャレンジしてみてください!

半身浴をしながら美容雑誌を読めば、美と知識を一緒に磨くことができます。

ママママ

半身浴って何もしないと意外と時間が長く感じてツラいのよね。


パパパパ

お風呂で歌ってると楽しいし、あっという間に時間が過ぎてオススメだよ。


ママママ

近所迷惑だからほんとに止めて。


パパパパ

すみません…

本が濡れたりふやけてしまうリスク

指でバツ印をしている女性

お風呂読書は、時間を忘れて集中・リラックスできる最高の娯楽です。

しかし、水に濡れると本は傷んでしまうのがお風呂読書の最大のデメリット。

浴室に書籍を持ち込む上で、これだけは絶対に守っておきたいルールを説明していきましょう。

図書館などで借りた本は風呂読書NG

「本が濡れないように注意すればいいから、図書館で借りた本を読もう!」という行動はNG!

図書館・レンタルストアなどで借りた本をお風呂に持ち込むのはやめておきましょう。

本に水滴がかからなかったとしても水蒸気でふやけて傷めてしまう可能性があります。

ダメージを与えた状態で返却すると、弁償金を請求されることがあるため、注意してください。

お風呂読書のために本を持ち込むなら、最悪濡れて破れてもいいものを用意しましょう。

中古本屋で見つけた安い書籍など、「濡れてもいいや」と思える本を持ち込むのがオススメです。

パパパパ

新品の漫画がふやけてしまうのはちょっと抵抗があるなぁ


ママママ

どうせ汚れるんだから、気にせず読んだら良いのよ。


パパパパ

うーん…

お風呂読書を快適に楽しむためのコツ

手のひらでお湯をすくう女性

お風呂読書は時間の経過を忘れさせてくれる至福の時です。

しかし、入浴は方法を間違うと、体調不良などを起こしてしまうリスクもあるためいくつか注意点があります。

快適に楽しむためにも、以下の4点に気をつけてお風呂読書にチャレンジしてみてください。

半身浴程度に溜めたお湯

お風呂でゆっくり体を温める場合は、お湯の量を控えめにすると呼吸が楽に行えます。

胸より上までお湯をためた状態で入浴すると、息苦しく感じてしまうので注意しましょう。

半身浴より少しお湯を溜めたくらいで、まずはお風呂読書を試してみてください。

38〜39度のぬるま湯

長めにゆっくり入浴するなら、お湯の温度にも気をつけてください。

40度以上のお湯に長く浸かると疲労を感じてしまうため、38~39度程度のぬるま湯に浸かりましょう。

冬場は浴室の室温が低いため、温かいお湯を足しながら調節して入るとベストです。

適度に水分補給しよう

お風呂読書をすると時間の経過を忘れてしまいますが、こまめに休憩しつつ水分補給をするように意識してください。

汗をかいて血中の塩分濃度が低くなり、それを放置していると熱中症のような症状が発生することがあります。

健康のために入浴を行うなら、決して無理せず適度に水分補給しながらお風呂読書をしてみてください。

粉タイプのスポーツドリンクを薄めに水に溶かし、少しずつ飲むと体に負担無く水分補給することができます。

パパパパ

たくさん水分補給して、お風呂でたっぷり汗を流すのは気持ちいいよね。


ママママ

パパが入った後のお風呂には絶対入りたくないけどね。


娘

パパ、クサイ!


パパパパ

ぐぬぬ…

お風呂上りは肌の保湿も必須

長風呂をした後は肌表面の角質がふやけ、水分が蒸発しやすくなっています。

保湿剤でケアせずに放置してしまうと乾燥を感じてしまうため、顔・体全身をしっかり保湿してください。

長くお湯に浸かっていると肌を保護している皮脂が流れてしまうため、クリームやオイルなど油分を含む保湿剤でケアするのがオススメです。

ママママ

じっくりお風呂に入った後は、たっぷり保湿もしないとね。


娘

ホシツ!ホシツ!

読書が更に捗る便利なバスグッズ

大量のラバーダック

ゆっくりお風呂に浸かりながら好きな本を読みたい…そう考えていざ本を持ち込んでも、本を濡らさずに読むのは難しいものです。

お風呂で快適に読書をするなら、どのようなグッズがあればいいのでしょうか?

簡単に取り入れられるものから、本格的な読書グッズまで一挙公開します!

ジップロックでスマホを簡易防水

スマホで電子書籍を読む場合は、ジップロックを使うのもオススメ。

ただし、スマホをお風呂に持ち込む場合は破損のリスクがあることを理解しておきましょう。

ジップロックで封をしていても完全に防水することはできず、衝撃などでチャックが開いてしまう可能性もあります。

お風呂でスマホを利用する場合は、防水性能がある機種を持ち込むと安心です。

防水機能付きの電子書籍リーダー

本がふやけるのは嫌だ、でも本格的にお風呂読書をしたい…と考えるのなら、電子書籍リーダーを使用するのがオススメです。

お風呂読書のブームに乗って防水機能付きの電子書籍リーダーが各社から発売されており、今大きな話題になっています。

電子書籍リーダーなら文字サイズを簡単に調節でき、画面も大きく快適に読書を楽しめます。

中でもAmazonが販売するKindle Oasisは、ボタンのひとつにいたるまで人間工学に基づいてデザインされた優れもの。

片手でも、長時間快適に読書を楽しめます

オンラインサービスに接続すれば読みたい本をすぐにダウンロードでき、読書好きにはたまらないガジェットとして知られています。

お風呂読書用スタンド「ぷっかぁ~」

紙媒体の書籍をお風呂で楽に読むなら、水に浮かせて使うタイプのスタンドもあると便利です。

ゆったりお風呂読書を楽しんでみたいけど、高いグッズを買う予算はない…

そんな方にイチオシなのが「ぷっかぁ~」というスタンドです。

空気を入れるだけで安定感抜群のスタンドができ、手で支えなくても目線に本を置くことができます。

本を持ち上げておく必要がないため、リラックスしてお風呂読書を楽しめますよ。

吸盤もついているため、使用後は浴室の壁にくっつけて乾かすことができます。

2,000円以下で手に入って実用的!という口コミが多数寄せられており、自分の目線に本・タブレットなどを置けることが評価されています。

お風呂で本を読むことが好きな方は、要チェックです!

満足度200%!お風呂読書を楽しもう

お風呂でスマホを操作する女性

ぬるめのお湯に浸かりながら読書をするのは、リラックスできる最高の娯楽タイムです。

邪魔も入らないため本の内容に集中できますし、半身浴の待ち時間があっという間に過ぎるため、美と健康を磨きたい方にもぴったり。

お風呂読書を快適に楽しむなら、防水仕様の電子書籍やお湯に浮かぶスタンドなど、各種グッズをぜひ試してみてください。

いつものお風呂読書が一層楽しくなりますよ。

手軽に始めるなら、まずはお手ごろなスタンドから、本格的に読書を楽しめる環境を整えるなら防水仕様の電子書籍リーダーを活用してみましょう!