お風呂を楽しんでいる赤ん坊

毎日しっかり保湿ケアをしているのに、体のかゆみやガサガサが止まらない…そんな悩みを抱えていませんか?

もしかすると、それには毎日の入浴が関係しているかもしれません。

お風呂上りの肌に自信を持ちたいなら、入浴法やお風呂でのケアを見直してみましょう!

間違った入浴方法が肌の過乾燥を引き起こす

ショックを受けている主婦

毎日欠かせないお風呂タイムですが、入浴時に乾燥を招くリスクがあることをご存知ですか?

間違ったケア方法や、入浴法によって乾燥を引き起こしてしまうことがあるのです。

お風呂に入る前より、入浴後の方が乾燥してしまう現象を過乾燥といいます。

お風呂ケアを本格的に始めるなら、過乾燥についてきちんと理解しておく必要があります。

ママママ

せっかくお風呂に入ったのに、余計に肌が乾燥してしまうのは避けたいわね…


娘

カンソウ、ヤダ…

過乾燥が起こるメカニズム

過乾燥という言葉は聞きなれないものですが、日本の男女の多くが抱えている問題です。

過乾燥が起こる仕組みをざっくりとご説明すると、入浴によってふやけた皮膚から水分が必要以上に蒸発してしまうこと。

入浴前よりも肌の水分が低下してしまい、かゆみ・ガサガサを引き起こしてしまいます。

水分をキープしている皮膚の角質がふやけ、本来の役割を果たせなくなっていることが原因です。

この状態でローションやクリームを塗っても、角質が水分をキープできないため、乾燥を繰り返してしまうのです。

「しっかり保湿しているのに乾燥が止まらない…」と日頃感じているなら、過乾燥の可能性を疑ってみましょう。

ママママ

娘ちゃんのカサカサ肌がなかなか治らないのも、過乾燥が原因なのかも…


娘

カカンソウ!カカンソウ!

シャワーでは乾燥肌を解決できない理由

溢れ出るシャワー

お風呂に浸かって皮膚がふやけてしまうなら、シャワーでさっと済ませればいいのでは…?と思う方もいるでしょう。

シャワーでお風呂を済ませるのは、確かに肌への負担が少なく思えますが、残念ながらシャワーだけで乾燥を防ぐことはできません。

シャワーで乾燥肌を解決できない理由をチェックしていきましょう。

入浴は毛穴の汚れを落とせる

肌の乾燥を防ぐには、毛穴から排出された皮脂などの汚れを毎日落とすことが必要です。

毛穴をクリーンな状態にすることにより、肌細胞の生まれ変わりをサポートして健康な皮膚に導くことができます。

シャワーでさっとお湯をかけた程度では毛穴につまった汚れは落ちづらく、乾燥の原因となってしまうのです。

水分をキープする力を高めるには、お湯に浸かって毛穴を開かせるケアが必要だと覚えておきましょう!

パパパパ

仕事で忙しいときはシャワーだけで済ませがちなんだよなぁ。


ママママ

あなたは常に脂ギッシュだから、過乾燥の心配は無用よ。


娘

アブラギッシュ!


パパパパ

ぐぬぬ…

コツはぬるめのお湯でじっくり入浴

毛穴の汚れを落として肌のターンオーバーを整えるためには、ぬるめのお湯でじっくり入浴することが大切です。

熱いお湯は肌に必要な皮脂を落としてしまうため、38~40度くらいのお湯がベスト。

浴室の温度を考えると夏なら38度、冬場なら40度がおすすめです。

ここで注意しておきたいのが入浴時間。

じっくり、と言っても10分程度がひとつの目安です。

乾燥肌の方が長風呂をしすぎると、ぬるま湯でも過乾燥を引き起こしてしまいます。

ぬるま湯の10分入浴では体が温まらない…という場合は、次の対策をしてみるのがオススメです。

  • ゲルマニウムボールを浴槽に入れる
  • マッサージしながら浴槽に浸かる
  • 入浴前に軽くストレッチしておく

これらのひと手間を加えるだけで、ぬるま湯入浴でも芯から体を温めることができますよ!

これって正解?肌を傷つけるセルフケア

お風呂掃除の道具

お風呂での保湿ケアアイテムをチェックすると、さまざまな製品がありますよね。

セルフケアにチャレンジしてみたいけど、返って肌を傷つけたりしないか心配…という方も多いです。

肌が乾燥しがちな方は特に、間違ったセルフケアをしないように気をつけましょう。

ボディスクラブはやり過ぎに注意

古い角質や皮脂汚れを除去できると話題になっているのがボディスクラブです。

製品によってはオイルがたっぷり含まれており、保湿しながら角質をケアすることもできます。

過乾燥を防ぐには適したケアではあるものの、やり過ぎてしまうとかえって乾燥を促進させる可能性があるのです。

古い角質を取るのは正解ですが、強くこする・頻度が高すぎるなど、間違った使い方をすると肌の水分蒸発を引き起こします。

水分をキープするための必要な角質までそぎ落としてしまうと、入浴後に頑張って保湿をしても水分が逃げてしまうため注意しましょう。

ボディスクラブは週1回程度を目安にし、乾燥が気になる場合はほかのお風呂ケアを組み合わせる必要があります。

ピーリング系アイテムはなるべく避ける

つるんとなめらかな肌を手に入れるなら、ピーリングにチャレンジしてみたいと考える方もいるはず。

ピーリングは正しく行えば高い効果を発揮しますが、頻度や力加減がとても難しいため積極的にオススメはできません。

エステで働いた経験があるなど、ピーリング剤を使用した施術技術を持っている場合は構いませんが、テクニックがないなら避けるのがベスト。

ひじやひざ、かかとなど、角質が厚く刺激を感じにくいパーツケアに取り入れるならOKです。

娘

ピーリング、タノシソウ!


ママママ

娘ちゃんにピーリングはまだ早いわよ。これは大人が使うものなの。


娘

ザンネン…

86%の方が満足!保湿力に自信の入浴剤

アトピー肌専用入浴剤『みんなの肌潤風呂』

カサカサ肌をどうにかしたいけど、毎日忙しくてあれこれケアする暇がない…と諦めてしまう人も多いです。

手間ひまかけるケアだけが正しいとは限りません!

乾燥肌に効果のある入浴剤を使えば、手間をかけずにプリプリの潤ったボディを取り戻すことができます。

お風呂に浸かるだけで乾燥肌をケアできる「みんなの肌潤風呂」は、忙しくて入念なボディケアができない女性に特にオススメです。

みんなの肌潤風呂には過乾燥を防ぐための工夫がされており、一般的な保湿系入浴剤よりも効果を実感できると評判です。

どうしてみんなの肌潤風呂は過乾燥を防いでなめらかな素肌に導くのか、人気の秘密を解説していきましょう!

肌がプリプリにうるおう理由

市販の入浴剤でケアしてみたけれどイマイチだった…という経験がある方は、古い皮脂や角質を落としきれていない可能性があります。

みんなの肌潤風呂は天然温泉成分である湯の花を配合しているのが特徴です。

湯の花はミネラルが豊富な青粘土と温泉ガスが化合してできたもので、以下のような効果が期待できます。

  • 皮膚や汗腺の皮脂・汚れを落とす
  • ミネラルで肌を健康的な状態に導く

一般的な保湿系入浴剤はヒアルロン酸やセラミドなど「外側からうるおいを補給する」成分を中心に配合されていますが、みんなの肌潤風呂はアプローチが異なります。

肌のターンオーバーを邪魔する汚れを落とすことで、プリプリにうるおった肌に導くことができるのです。

湯の花だけでなく、肌にミネラルを浸透させるために砂糖の力を応用しているのも魅力のひとつ。

ビート由来の砂糖成分を含んだみんなの肌潤風呂は、ミネラルを効率的に浸透させなめらかな肌に仕上げます。

うるおいを逃がさない仕組み

みんなの肌潤風呂には、もうひとつ大切な役割があります。

それは、肌に浸透させた美容成分を逃さないことです。

過乾燥を引き起こすメカニズムに着目して作られたこの入浴剤には、うるおいヴェールを作る効果があります。

ビート由来の砂糖成分が引き寄せたうるおいを、ヴェールで閉じ込めることによりお風呂上りの水分蒸発を防ぐのです。

健康的な肌質なら入浴剤だけでのケアでも充分満足でき、極度の乾燥で悩むならローションやクリームで保湿するとより効果を実感することができます。

ママママ

ドラッグストアの入浴剤よりちょっと高いけど、娘ちゃんのカサカサ肌のためならパパが頑張ってくれるわ。


娘

パパ、ダイスキ!


パパパパ

が、頑張って働きます…!

もう手放せない!いつものお風呂ケアに一工夫

ハーブティーを飲む女性

保湿効果のある入浴剤はどれもイマイチだった…と諦めている方こそ、過乾燥に着目した入浴剤を試してみてください。

肌に合った入浴剤と出会えれば、毎日お風呂に入るだけでガサガサな肌を卒業できます。

今までの入浴法やボディケアを見直せば、乾燥のループからきっと抜け出せますよ。

簡単に毎日続けられるお風呂ケアを取り入れれば、「ボディケアしなきゃ…!」というストレスを感じることもなくなります。

仕事や家事で忙しくてもお風呂に入るだけの保湿ケアで、ツルンとなめらかな肌を取り戻しましょう!